GVA制震システム。地震による揺れを熱に変換して、あらゆる揺れを吸収します。大切な家族を守る先進の制震構造。

  • 年収400万円台からの注文住宅を建てる5つの方法
  • パンフレット
  • 安心保証
  • 土地をお探しの方へ

ご契約者様専用サイト「目視録」ログインはこちら

ログインID

パスワード

※2012年12月1日以降の契約の方のみ適用となります。
※工事進捗・現場情報が閲覧できます。

目視録についてはこちら

  • 構造
  • 断熱材
  • ガラス
  • 遮熱
  • 制震システム
  • 外壁

地震エネルギーシステム(GVA)

地震エネルギーを吸収することで、揺れにブレーキをかける最先端技術です。建物の受ける地震エネルギーを熱に変換して吸収します。

制震構造の仕組み

建物全体の振動を吸収するための大型ダイヤモンドユニット

長年にわたる研究と複数モデルによる実験解析の結果、建物全体に効率よく制震効果を伝達できるダイヤモンド型ユニットを採用。テコの原理を応用して、揺れを素早く止めることが可能となります。

GVA

GVAの製品開発
MASA建築構造設計室 真崎雄一

特許NO,3759409・3974151・3993716・44044744

地震エネルギーを吸収するエネルギー吸収体内蔵デバイス

複層に組み込まれた振動吸収体が弾力的に水平スライドすることで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換していきます。大地震クラスの揺れを吸収する場合、約10℃の熱を放出し、“揺れにブレーキ”をかけ、建物全体を守ります。

エネルギー吸収体内蔵デバイス

住友スリーエム製 構造用ダンパー「VEM」を採用

ジーバの振動吸収体VEMは、40年以上前から超高層ビルの構造用ダンパーとして利用されています。野外暴露試験、老化促進試験、過酷な試練をクリアした抜群の耐久性を誇ります。

VEMの振動吸収メカニズム
ページトップへ
CopyRights (c) LIVING STYLE Corporation. All Rights Reserved.